Disclosure policy

ディスクロージャーポリシー

01基本方針

株式会社ダブルエー(以下、「当社」)は、株主・投資家・地域社会をはじめとする各種ステークホルダーの皆様に公平かつ透明性の高い情報を適時に提供するため、金融商品取引法等の諸法令及び東京証券取引所の定める諸規則に準拠した適切な情報開示を行って参ります。また、当該諸規則に該当しない情報に関しましても、当社を理解頂くために有用と判断される情報については、積極的な情報開示に努めて参ります。

02情報開示の方法について

適時開示規則に該当する情報(決定事実・発生事実・決算情報等)が発生した場合は、東京証券取引所が運営する「適時開示情報伝達システム(TDnet)」を通じて開示を行うとともに、当社IRサイトにおいても速やかに掲載致します。また、上記以外の情報につきましても、市場参加者の投資判断上有益と判断した情報は、適宜プレスリリースの配信等を通じて速やかに開示を行います。

03インサイダー取引の未然防止

当社は、インサイダー取引の防止を図るための社内規程を定め、役職員全体への周知徹底と理解啓蒙を促進しています。また、投資判断に影響を与える重要事実に関する情報を適切に管理し、諸法令や適時開示規則に則った迅速な情報開示を行うことを通して、インサイダー取引の防止を図っています。

04沈黙期間

当社は、情報漏洩の防止及び情報開示の公平性を確保する観点から、四半期及び決算期末日の翌日から決算発表日までの期間を沈黙期間として定め、当該期間中は、決算情報に関するコメントや質問等への回答を差し控えさせて頂いております。但し、当該期間中であっても適時開示に該当する事象が発生した場合や、投資家の皆様の投資判断に多大な影響を与えると判断した重要事実が発生した場合は、この限りではありません。また、当該期間中において既に公開され、周知の事実となった情報に関する質問については対応致します。

05業績予想及び将来の見通しについて

当社が開示する情報のうち、将来の計画や戦略等に関する内容には、業績の予想及び将来の見通しに関する事項が含まれている場合があります。これらの情報は、当該時点において入手可能な情報に基づき判断したものであり、諸処のリスクや不確実性を含んでおります。そのため、実際の成果や業績は様々な要因によって異なる結果となる可能性があることを予めご承知おきください。

06情報開示に関する社内体制

当社は本ディスクロージャーポリシーに則り、諸法令や適時開示規則に従った適切な情報開示を行うために、社内体制の整備・充実に努めております。